タイバンコクで

あなたの商品が売れるかどうか調べてみませんか?



あなたが準備するものはたった2つだけ!

たったこれだけで今すぐタイ人200-300名にあなたの商品を試してもらいアンケートに答えてもらうことが可能です。

  • タイ人に試してもらいたい商品
  • タイ人に聞きたいことをまとめた日本語アンケート用紙A4 1枚

これだけで今すぐタイ人向けにアンケートを取ることが可能です。

JAPANPLUS

こんにちは。
JAPANPLUSの栗原宏美です。
簡単ですが自己紹介をさせてください。
タイのバンコクでタイ人向けに商品を販売してきて約12年が経ちます。
扱っている商品は寝具、雑貨類、バッグ、食品、飲料などです。

12年前に初めて販売したのはヒノキの枕でした。
この時は周りの日本人は、みな声を揃えて「売れないだろう」と言っていました。
日本に住む日本人もタイに住む日本人もそしてプロのバイヤーの方もみんなです。

理由は、高いから。

12年前の時点で、枕に高いお金をかけるタイ人はほとんどいませんでした。
一般的によく売れている枕の価格がその当時約500円くらいでしたから、
ヒノキ枕の一番売れ筋価格となった約10,000円がいかに高いかお分かりになると思います。

それでも富裕層の方が結構買ってくれたため、いまだに店頭に並べさせていただいている
ロングセラ-商品となりました。

この時はたまたまタイミングがよかったため売れたのですが、あの時売れなかったら
すべて日本に返送しなくてはなりませんでした。
そしたら往復の運送料金、タイ側の関税、日本側の輸入の際にかかる税金など
すべて無駄になっていたところでした。
また、あの時周りの人の反対意見を信じ、ヒノキ枕を売ることを諦めていたら
今現在私はここにいなかったと思います。

この時学んだのは、自分たちの想像や意見はまったくあてにならない、ということでした。

売れるかどうかは実際販売したい客層に直接聞いてみるのが一番です。

またタイでは食品やドリンクなどを販売する場合、FDA(Food and Drug Administration)の取得が義務付けられています。
それがないと一切販売できないのです。
ですから通常、売れる売れないの判断は、まずはFDAを取得してみて売り場に出してみてからとなります。

FDAの取得はやってみてわかったのですが、かなり手間と時間がかかります。
商品によっては2年かかるものもあります。

ちょっと想像してみてください。

もしあなたの商品のFDA取得が難航し気がついたら1年が過ぎていました。
1年後、やっとタイFDAに合格をもらいスタートラインに立ちました。
いざ販売してみたら全然売れませんでした。

これでは「あの1年の月日と諸経費を返してー」と叫びたくなりますよね。

先日食品輸入大手の方から聞いた話ですが、○○という商品が日本ではやっていて、
タイでもはやると見込んで大量に仕入れたそうです。
ところが全く売れずに、年間で売れたのが何と8個だったそうです。
販売先は高級デパートや有名スーパーマーケット数カ所に置いての結果です。

そういう悲劇を繰り返さないためにJAPANPLUSでは「タイ人向けアンケート調査」
を始めました。

「この商品は売れますか?」

このように聞かれたら今ならこう答えるでしょう。

「まずはタイ人に試してもらって、その生の声を聞いてみましょうよ」と。

タイ人アンケート調査はこんな方にオススメ!!

  • タイで商品を販売したいけど売れるか心配
  • 商品があって、いずれタイ進出を考えているが何からスタートしていいかわからない方。
  • FDAを取得する前に本当に売れるかテストをしてみたい
  • デパートやスーパーを開拓する際に結果を持って交渉がしたい
  • コンサル会社で行っている市場調査○○○万円は高すぎる!もっとお手軽にテストしてみたい
  • 多くの商品の中から主力商品をみつけて絞ってお金をかけていきたい
  • ネット販売をこれから行って行くのに、タイ人が反応するキーワードを見つけたい


もしアンケートでタイ人からよい反応が出たら?

販売パートナーを見つけることから現地法人立上げまでタイ進出を全力でサポートさせていただきます。
またJAPANPLUSの用意する、店舗販売やネット販売、デパートでの催事販売で販売することも可能です。(審査がございます)

とにかくまずは1歩踏み出しませんか?

その第1歩目にこの「タイ人アンケート調査」をおすすめします。
アンケートの会場はスクンビットエリアにあるインターチェンジビル内となり、
高架鉄道BTSならばアソーク駅、地下鉄MRTならばスクンビット駅と二つの
公共交通機関が利用できるとても便利な場所となります。
こちらのビルにはCITIBANKとHISがキーテナントとして入っている他に
パーソネルコンサルタントというタイで1番の人材数を誇る人材派遣会社も入っています。
またアソークはビジネス街で乗降客数が2番目に多い駅でもあります。
そんな一等地であなたの商品を試すことができるのです。

アンケート聞き取り調査は下記のような流れになります。

まずは調べたい商品をご用意いただきます。
        ↓
そしてその商品についてタイ人に何を聞きたいか決めていただきます。
例)試食や試飲してもらった感想、その商品がいくらだったら買うか、
 何個か食べ比べをして順位をつけてもらう、などなど
        ↓
日本語でアンケート内容を考えてください
        ↓
タイ語に直してタイ人向けアンケート用紙をこちらで作成します
        ↓
当日はタイ人にアンケートに答えていただいたり、会話の中で
出てきた内容をすべて書き記しておきます
        ↓
それらの内容をすべて日本語に直してお返しいたします

ではこちらの価格をご案内いたします。

タイ人アンケート調査
(2日間かけてタイ人200人に向けてアンケート調査を行います。)

◆富裕層が住むスクンビットエリアの玄関口であるアソークという一等地の場所代(まる2日分)
◆テーブル、椅子のレンタル費用
◆タイ人スタッフ人件費3-4人分
◆アンケート内容の翻訳費用
 ・日本で作成していただいたアンケートをタイ語に翻訳します
 ・タイ人のお客さんに答えてもらったアンケート結果を日本語に翻訳します

これだけ入って150,000円です。

プラン料金含まれる内容
タイ人アンケート調査スタンダードコース150,000円◆アソークという一等地の場所代(まる2日分)
◆テーブル、椅子のレンタル費用
◆タイ人スタッフ人件費3-4人分
◆アンケート内容の翻訳費用
・日本で作成していただいた
  アンケートをタイ語に翻訳します
・タイ人のお客さんに答えてもらったアンケート
  結果を日本語に翻訳します

「タイ人にこの商品は売れるだろうか?」あれこれ考えてみるよりも、
まずはタイ人アンケート調査で最低200人の声を聞いてみませんか?
想像よりもデーターが大事です。

なおオプショナルになりますが人数やアンケート期間、内容はアレンジ可能です。
例えば、20代ー30代女性限定とか大学生限定とか
アンケート対象者を絞ることが可能です。

またアンケート用紙に答えていただく形ではなく、
実際に目の前で聞き取り調査を設定することもできます。

このような場合まずはどのようなアンケート方法にするか
詳細をご連絡くださればお見積もりをお出しいたします。

今までの実績

飲料メーカー様嗜好聞き取り調査(タイ人300人)
2種類のドリンクを飲み比べてもらい、どちらが好きでその理由を聞くというもの。

お菓子メーカー様嗜好聞き取り調査(タイ人大学生100人)
数種類のお菓子を食べ比べてもらい、それぞれの意見を聞くというもの。

洋服の輸入会社様(タイ人100人)

デザインや値段に関する意見を出してもらうというもの

アイスビールアンケート調査500人

イチゴ大福試食300個

オートバイ顧客マーケティング(データ有り)2000名

コンビニエンススト顧客動向アマーケティング1000名

青森産りんごジュース試飲100名

タイ小学校2000校電話アンケート

美容化粧品グループインタビュー100名

ふりかけ試食 半年


japanplus問い合わせ




a:22396 t:2 y:19